ネット社会の今だからこそ知るべき情報|賃貸オフィスで快適な業務を

不動産

物件を得して借りる方法

原状回復の費用の交渉

タワーマンション

賃貸物件を借りて、返すときには、原状回復義務があります。つまりは、経年劣化分を除いて、汚した分を直す費用の負担をするのです。 そのための費用として、敷金があるのです。敷金は、原状回復に充てることになりますが、問題はそもそもその費用は適正か、ということです。 このために、少し工夫をするとよいです。それは入居するときに写真を撮っておくのです。 そうすることによって、原状回復代を請求されたときにそれが正当なものかどうかの判断ができます。ここが汚れているから原状回復のための費用を、といわれるのですが、元から汚れていたりすることがあるのです。そうしたトラブルを避けるために、入居時にしっかりと写真を撮っておくのです。また、居抜き物件を利用して開業する場合は、そのままの状態をすぐに利用することが可能です。例えば、飲食店などテーブルや厨房機器がそのまま使用出来るなど初期費用を抑えて活用することが出来るので状況に合わせて居抜き物件を利用すると良いでしょう。

居抜き物件がお得

借りたものを元通りにして返す。これは基本的な考え方です。他人の不動産を借りる不動産賃貸でも、これと同じ考えが適用され、賃貸によって借りていた部屋は、借り始めた時と同じ状態にして返す、つまり「原状回復義務」があります。 住居物件でもテナント物件でも、基本的に原状回復があります。 しかし、最近注目を集めている、「居抜き物件」は、原状回復せずに、賃貸していた状態で返却した物件です。 借主からすると物件を原状回復するには、高額な撤去費用がかかりますし、また、新たな借主は、内装工事に高額な投資が必要です。このため、無駄な撤去や築造に無駄な費用をかけないため、賃貸契約時に、原状回復義務を負わない旨の特約を付帯する場合が増えてきています。

Copyright©2015 ネット社会の今だからこそ知るべき情報|賃貸オフィスで快適な業務を All Rights Reserved.